ONE PIECE エピソード オブ アラバスタ

ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち





今村隆寛監督、2007年アニメ映画。

田中真弓主演。


今作は麦わらの一味のニコ・ロビンがまだ敵側にいた時の話。


僕の好きなキャラクターでもあるクロコダイルが敵となる作品で、あのルフィが初めて2度も負けた敵キャラでもある。


当時はロギア系の能力者なんて珍しく、打撃も効かなければ剣術も効かないクロコダイルなんて本当に倒せるのかと思ってましたね。


今はクロコダイルはたった3000万ベリーの敵に負けたから弱いって言われているけど、ロビンが助けてくれなければ完全に負けていた相手。


砂の能力者であるクロコダイル相手に砂漠での戦闘なんて敵うはずがないですよね。


なぜアラバスタ王女ビビと麦わらの一味が一緒に行動しているのか、どうやって知り合ったのか。


この映画だけを見た人には分からないはずですが、それでも楽しめると思います。


アラバスタ編を映画にするとなれば、3部作くらいしないと出来ない作品になります(笑)


なぜ評価が低いのかと思うけど、おそらく原作ファンが下げているのでしょう。


原作を読んでいる人からすればカットされている箇所がいくつかあるから説明が足りないと思っている人が多そう。


純粋に映画として見ればすごく良い作品だと思う。